中崎歯科医院
お問い合わせ

歯周病ってなぁに?

歯周病ってなぁに?
ホーム
医院紹介・診療項目
歯周病ってなぁに?
アクセス
お問い合わせ

歯周病


ひらたくいえば歯槽膿漏(しそうのうろう)のことで、読んで字の如く歯ぐきから膿(うみ)が漏れ出る病気です。

これは決して老化現象ではなく歯ぐきの化膿で、大体20歳くらいから始まるといわれています。
ではどうして歯周病になるのでしょう?

人間の口の中には無数の細菌類がいます。
この細菌が水(唾液)に溶けない糖分をだして歯に粘りつき、そこで繁殖します。これを歯垢(プラーク)といい、歯垢1mg中には約2億個の細菌がいます。細菌は毒素を出し、歯ぐきを化膿させます。
化膿した歯ぐきは歯からはがれてしまい、歯ぐきがはがれた部分の、歯を支えているあごの骨は溶けてしまい次第に歯はグラグラして、しまいには歯が抜け落ちてしまう病気です。 

要するに歯周病は歯ぐきが細菌で化膿して歯からはがれてしまう病気といえます。


虫歯


細菌の出す酸によって歯が溶かされてしまう病気ですが、溶かされた部分を削り取って金属やプラスチック、セラミックなどで補ってやれば、一応機能の回復はできます。


photo
photo


歯周病になると

度々歯ぐきが腫れて痛い、歯がグラグラしてうまく咬めない、咬むと痛い、しまいには歯が抜け落ちてしまうというつらさの他に口臭があります。
口臭は歯周病ではがれた歯ぐきと歯の間(これを歯周ポケットといいます)で嫌気性菌という細菌が揮発性硫化物を出します。これが口臭の大部分の原因です。


歯周病が進むと

歯周病の原因が口の中の細菌であることに間違いはありませんが、更にそれを増悪させる因子があります。
それは【 咬む力 】です。

咬み合わせや歯並びが悪くあるいは不適切な虫歯の治療で1本または2〜3本の歯に過大な咬む力がかかったり、咬む力は正常でも歯周病で歯がグラグラして歯を支える力が低下したりすると「化膿」と不正な「咬む力」関係で歯周病はさらに悪化します。
そこに例えば、抜けた歯を支えるためのブリッジの土台や入れ歯のバネがかかって他の歯の分まで咬む力がかかると、歯周病は加速します。
歯と歯の隙間が空いていたり、隣の歯との間に虫歯があると肉・野菜などの線維性の食べ物がよくはさまります。こうなると咬む度に歯と歯の間は押し広げられ、そこの歯ぐきには直接食べ物がくい込まれていきます。
更にはさまった食べ物を取らずにおくと、温度36℃、湿度100%という細菌が繁殖するのに絶好な環境ができあがる訳です。
糖尿病、細菌性心内膜炎なども、歯周病が原因となっていたり、増悪因子になっている場合などがあります。


歯周病の治療

まず歯垢や歯石、そして根の表面にしみ込んだ細菌の毒素を取り除きます。これで歯ぐきの化膿はかなり消退します。
ではそれで歯周病は治ったのでしょうか?
どういう状態を「治った」というかで違いますが、10年位前までは化膿して歯からはがれた歯ぐきを切り取ったりして、歯ぐきの炎症や歯周ポケットが無くなった状態を「治った」としていました。しかしこれでは失われた組織である、

1/歯ぐき
2/歯を支えている骨
3/歯の根の表面
4/歯と骨をくっつけている線維


(この4つを歯周組織といいます)は回復できません。
虫歯の治療のように人工的なもので補うことはできないのです。今では再生療法といって、炎症ではがれた歯ぐきをもとのように歯に付着させ、失った骨が再び新生するような治療法がありますが、どんな場合でもできるわけではありませんので、歯周病専門医にご相談下さい。


歯周病の予防

一番良いのは歯周病にならないように予防し、また早期に治療することが大事です。歯周病の原因である歯垢が歯に付かないように、1回15分の丁寧なブラッシングをおすすめします。
歯垢が固まって歯石になってしまった場合には専門家に取ってもらって下さい。

お問い合わせ

中崎歯科医院

〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町2-13-1
TEL:03-3639-1374
日本橋,歯科,歯周病治療,水天宮前駅
会社photo


     
このページのトップへ
ホーム医院紹介・診療項目歯周病ってなぁに?アクセスお問い合わせ
Copyright c 2010 All Rights Resaerved.